第17回 山口県介護保険研究大会 研究発表・実践報告募集

(2016-10-21)
 1 研究発表・実践報告の日時と場所について

(1)日 時 平成28年11月27日()13時~16時(終了時間は予定)

(2)会 場 山口県総合保健会館(山口市吉敷下東3丁目1-1) 


2 研究発表・実践報告の条件について

(1)研究発表

  ア 研究発表者は、山口県内の医療・保健・福祉施設に勤務する者、山口県内の大学・専門学校に所属する者とし、原則として3人以上のグループで研究協議した内容とします。

  イ 発表題数は、原則として、1事業所(1校)につき1題としますが、1事業所内であっても、異なる職種(学科)やテーマで発表される(栄養士と介護福祉士などの)場合は、この限りではありません。

   (※ご不明な点は、事務局にお問い合わせください。)


  ウ 事業所(学校)単位では、発表題数を限定しますが、山口県介護保険関係団体連絡協議会の構成団体単位では発表題数を限定しません。

  エ 発表題数は全体で14題までとし、応募多数の場合にはお断りする場合もあります。 


(2)実践報告

  ア 山口県内の医療・保健・福祉施設に勤務する者、山口県内に在住する者とします。

  イ 報告題数は全体で7題までとし、応募多数の場合にはお断りする場合もあります。

  

3 研究発表・実践報告のテーマ

  次のテーマから1つ選択して応募してください。

  研究発表・実践報告を行う分科会は、応募のあった発表・報告内容等を検討し、山口県介護保険研究大会実行委員会で決定します。 

   共通テーマ 

  ① 地域包括ケアに関すること

  ② 連携・協働に関すること  

  ③ 介護サービスの質の向上に関すること

  ④ 介護予防・生活支援に関すること

  ⑤ 在宅ケアに関すること  

  ⑥ 看取りに関すること

  ⑦ 住民参加の活動に関すること

  ⑧ 働き続けられる職場づくりに関すること 

 

 <研究例>

  ・介護職とリハビリテーション職員の連携による在宅復帰支援

  ・介護ロボット、見守り支援機器の使用について

  ・職員の負担を軽減する介護技術の研修を実施して改善できたこと

  ・プリセプター制度を取り入れて変わったこと

  ・介護予防教室のフォローアップ

  ・地域住民と模擬訓練を実施

                  など 

 

 <実践報告の取組例>

  ・地域住民主体のまちづくり

  ・住民参加の見守りネットワークづくり

  ・地域の自主組織の取組

  ・専門職とボランティアの連携、協働

  ・介護予防教室の開催       など 


4 問い合わせ・提出先

山口県介護保険関係団体連絡協議会

社会福祉法人 山口県社会福祉協議会 地域福祉部 地域福祉班

7530072 山口市大手町9番6号

TEL(083)924-2828 FAX(083)924-2847

e-mail kaidankyo@yg-you-i-net.or.jp

 

※ この他の詳細については、別添募集要領を御覧ください。