『第17回山口県介護保険研究大会(H28)』 発表証明書の申請について 

(2016-10-21)
平成28年度から主任介護支援専門員の資格に更新制度が導入され、資格有効期間内に更新研修を修了することにより、資格を更新することができるようになり、第第17回山口県介護保険研究大会より、本大会での演題発表が、その研修の受講要件の一つとなりました。

 主任介護支援専門員である発表者(登壇者)より 申請を受けた場合に、発表者に対して、発表証明書の発行を行います。

 大会後の申請は、申請が難しくなるケースがありますので、主任介護支援専門員の方は発表時に申請されておくことをお勧めします。 

 

 【申請・発行の流れ】 

こちらのホームページより、証明願をダウンロードしていただき、必要事項を記載し、押印した証明願を大会1の週間前までに事務局へ申請してください。

大会当日の発表後、申請があった方に発表証明証をお渡しいたします。

 

※こちらは発表の証明をするものであって、要件を満たしているという証明ではありませんので、該当するかどうかは県の担当課の判断となります。

 

※この発表証明書は、発表される時点で主任介護支援専門員の方のみが有効です